森田レオンの誰も死なず傷つかない話

誰かが死ぬとか傷つくような話はもううんざりなんだ。

仲良きことは美しきことだけれども

 お笑い芸人のコンビ仲に関して、割と最近まで仲良いコンビこそが至高って思ってました。

が、最近少し考えが変わって、いつも一緒にいたり絶対仲良しである必要は無いなと。

 きっかけは、半年前くらいに読んだ平成ノブシコブシ徳井健太氏の記事から。

www.dailyshincho.jp

 

 または、芸人に限らずスポーツチーム、バンド、はたまた普通の会社員だとしても。

 仕事がちゃんと上手く回って仲の悪さで他人に迷惑をかけないなら、それでいいじゃないか、と。

 四千頭身が結構そのタイプっぽくて、インタビューから垣間見える感じだとプライベートでもずっと一緒にいるということはなさそう。

 仲悪くはないけど程よい距離を保つ、というのは、それはそれでいいなと。

 上記の記事見るとノブコブはちょっと極端でしたけどね。相方に殺意を抱いていたとまで言い切っているので。

 

 世間は、ことさらお笑い芸人に於いてはプライベートでも一緒にいること求めすぎじゃないかなと。

 私らだって別に、会社の人たちとベタベタ一緒にいることって殆どないでしょう?

 なぜお笑い芸人にだけそういうのを求めるのかなぁ?とはたと疑問に思ってから、普通でいーじゃん、と急に冷静になりました。

というだけのお話。